beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する総体予選注目の11傑vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加

森田氏が推薦するCB吉村仁志(大津高3年)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは熱戦展開中の平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)都道府県予選の注目選手を大特集。「総体予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体予選注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏:「高体連の選手にとって、冬の選手権と並ぶ祭典なのがインターハイ。自身とチームの存在をアピールしたいという意気込みは強く、全国行きをかけた熱戦が各地で繰り広げられています。予選と全国で一人でも多くの選手が陽の目を浴びて欲しいのですが、今回は今年観た選手の中からプロや大学での活躍を期待したい個人的な注目選手をピックアップしました。この中から何人が予選を勝ち抜き、より多くの人に自らの存在をアピールできるか注目です」

以下、森田氏が推薦する11名

GK中村龍音(神戸弘陵高3年)
「DF裏への対応と正確なキックが光る関西屈指の守護神。昨年は守護神として、前期からプレミアリーグの出場を重ねたが、後期は同級生の野村昌平にポジションを奪われた。『あんな悔しい想いはもうしたくない』と話す今季は安定感溢れるプレーで、堅守を支える」

DF中村拓海(東福岡高3年)
「攻撃力が武器の右SBだが、『サイドバックだけじゃ面白くないし、ザ・サイドバックという感じは好きじゃない』と話すようにプレーエリアは右だけに留まらない。積極的に中央に切り込み、相手の守備陣に混乱をもたらす現代型で、今年の東福岡のキーとなる選手だ」

DF吉村仁志(大津高3年)
「公立の雄・大津が生み出した最新作。『植田直通二世』との呼び声も多いCBで、本家と同じく溢れんばかりの闘争心とずば抜けた跳躍力を活かし、ゴール前の壁となる。『乾いたスポンジのよう』と平岡和徳総監督が口にする吸収力も魅力の一つ」

DF平山裕也(広島皆実高3年)
「地元・サンフレッチェ広島の千葉和彦に憧れるCBで、工夫を凝らした左足のロングフィードと高い身体能力を活かした競り合いが武器。昨年のプレミアリーグ参入戦と選手権で能力の高さを垣間見せ、Jからも注目されている」

DF高木大輝(京都橘高2年)
「圧倒的な攻撃力が目を惹くFW出身の左SB。緩急をつけたドリブル突破で相手を置き去りにし、深い位置から正確な左足クロスでチャンスを作る。今季はDFながらも、10番を託されるなどチームの期待は高く、昨年以上の活躍が待たれる」

MF谷内田哲平(帝京長岡高2年)
「中学時代から将来を有望視されてきたセンス溢れるMF。昨年は不動の座を掴みながら怪我に泣き、夏冬共に全国行きを逃がしたが、怪我の間に走力とフィジカルを鍛え、プレーに力強さアップ。今季は、力強くチームを牽引する姿が目を惹く」

MF山田真夏斗(立正大淞南高2年)
「南健司監督が、『これまでの淞南にいなかったタイプの選手』と一目置くセンス抜群のプレーメーカー。ミスの少ない散らしで攻撃のリズムを作りながら、ここぞの場面では相手守備の急所を突く決定機的な縦パスを狙う」

MF早川海瑠(作陽高3年)
「技術の高さが代名詞のチームの中でも、判断力とパスセンスの高さは目を惹くほど。昨年も主軸として選手権出場に一役買ったが、全国では思い通りのプレーが出来ず。『昨年の全国では目立てなかったので、インターハイまでにレベルアップしたい』と意気込む」

FW岡健太(徳島市立高3年)
「幼少期から一度も髪を伸ばしたことがないという丸刈り頭がトレードマークのスピードスター。快足を活かした背後への飛び出しと高い位置からのボールハントが売り。これまでは決定力が課題だったが、今季はプリンス四国で得点王争いを繰り広げるなど改善が進む」

FW矢野達也(大分工高3年)
「中学まではボランチとしてプレーしたが、高校に入ってからは正確な右足キックを買われ、前線にコンバート。持ち味を活かした的確なシュートと強さを活かしたポストプレーを押し出し、今年の九州新人大会では5試合すべて得点をマークした」

FW久乗聖亜(東山高3年)
「スラリとした身長とアイディア溢れるプレーが、OBの鎌田大地(フランクフルト)を彷彿とさせる要注目のアタッカー。これまでは線の細さが課題だったが、『自分が試合を決めないといけない』と意気込む今季はゴール前での怖さが増し、ブレークの予感が漂う」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
●【特設】高校総体2018

TOP