beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FM爆勝!!長崎に2度リード許すも今季最多5ゴールでひっくり返す

このエントリーをはてなブックマークに追加

PKで移籍後初ゴールを挙げたFW大津祐樹(左)

[5.19 J1第15節 横浜FM 5-2 長崎 日産ス]

 15位横浜F・マリノスがホームで12位V・ファーレン長崎に5-2で勝利した。2度リードを許す展開だったが、FW仲川輝人の2得点で逆転すると、さらに猛攻を仕掛けて今季最多5発のゴールラッシュ。4試合ぶりに白星を挙げ、良い形でリーグ中断期間に入ることになった。

 横浜FMは18歳ルーキーのMF山田康太を3試合ぶりに先発起用し、これまでの右サイドバックではなく本職の中盤に配置。一方、長崎は前節と同じスターティングメンバーで臨んだ。

 均衡を破ったのはアウェーの長崎。前半13分、左サイドのMF翁長聖が内側のMF中村慶太にパスを送ると、山田に当たって裏へ流れる。中村が素早く反応してPA左脇から左足で低いクロスを送り、ファーで待つFWファンマが右足でプッシュ。中村に対応しようと前に出ていたGK飯倉大樹は懸命に戻ったが間に合わず、ファンマに5試合ぶりとなる今季2点目を許した。

 横浜FMは前半19分に左サイドからドリブルを仕掛けたFW遠藤渓太がPA内左でMF中原彰吾に倒され、PKを獲得する。同21分、PKキッカーを任されたFW大津祐樹はGK徳重健太にコースを読まれながらも右足でゴール左隅に決め、同点弾を奪取。大津にとってはこれが移籍後初ゴールとなった。

 1-1で折り返した後半も長崎が先にスコアを動かす。開始2分、翁長のパスに走り込んだMF澤田崇がヒールでリターンパス。翁長が後方に下げ、PA内やや左からファンマが右足で合わせると、GK飯倉に弾かれたボールをファーの中村が右足で押し込む。中村は直近3試合で4得点目とし、チームトップの今季6ゴール目を記録した。

 しかし、ホームの横浜FMも食い下がる。後半15分にカウンターから山田がドリブルで持ち運び、PA内右から右足でクロス。相手DFに当たったボールを仲川が右足でゴール左に蹴り込み、再び同点に追いついた。

 これで勢いに乗り、後半22分には逆転に成功する。PA手前右でDF松原健からパスを受けた仲川が翁長と対峙。松原がもらい直そうと右外を回って駆け上がると、仲川は翁長が松原につられて一瞬に右に動いたのを見逃さず、左方向に持ち出して左足でシュート。GK徳重の左手を弾いたボールがゴール右に吸い込まれ、自身の今季3得点目で3-2と試合をひっくり返した。

 横浜FMの攻勢は続き、後半30分にPA左角付近でFKを獲得する。キッカーの山田が右足で送ったクロスが壁を直撃して空中に跳ね上がると、途中出場のFW鈴木武蔵が頭でクリアし損なったボールにPA内中央のMF扇原貴宏が反応。左足のシュートがゴール左に突き刺さり、今季リーグ戦初得点を挙げた。

 とどめは後半37分。左CKからキッカーのMF天野純が左足でアウトスイングのクロスを送り、PA内中央のDFミロシュ・デゲネクが豪快なヘディングをゴール左に叩き込む。今季最多タイの5失点となった長崎は最後まで打開策を見いだせず、2試合ぶりの黒星を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第15節1日目 スコア速報

TOP