beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

退団示唆のC・ロナウド、スペイン大物記者は「契約に不快感を覚えていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスティアーノ・ロナウドがレアル退団か

 レアル・マドリーからの退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドについて、スペインの大物記者がコメントしている。

 26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、リバプールに3-1と勝利を収めたレアル。前人未到の3連覇を成し遂げたが、試合後にC・ロナウドが退団を示唆する発言を残し、さらにミックスゾーンでも「レアルとの問題は以前からあった」と語るなど、エースに移籍の可能性が浮上している。

 このコメントに対し、レアルの公式本を手がけるなどスペインで最も有名な記者の1人でもあるエンリケ・オルテゴ氏は、『beIN sports』で自身の見解を述べている。

「クリスティアーノは、自ら望んでそのテーマについて話した。どうやら、最近に移籍する意思をチームメートに伝えていたようだ。彼は脱税疑惑や、クラブとの契約に不快感を覚えていた。クラブに退団を求めるのだろう」

『Goal』の取材では、以前に本人がポルトガル代表チームメイトに中国について尋ねたことが明らかとなっている。

 クラブ史上最多得点者であり、数々の伝説を作ってきたC・ロナウド。33歳となったエースだが、ついに退団のときが近づいているのだろうか。

●欧州CL17-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP