beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUがユーベのブラジル代表ドリブラーに食指?109億円でオファーか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスで大活躍をみせたMFダグラス・コスタ

 マンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョ監督は、ユベントスブラジル代表MFダグラス・コスタ獲得を狙っている。26日、イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。

 バイエルンで出場機会を得ることができなかったD・コスタは2017年夏、買い取りオプション付きの1年契約でユベントスに期限付き移籍をした。フィットするまでに時間はかかったものの、そのクイックネスとドリブル突破でチームの攻撃を牽引し、リーグ戦7連覇やUEFAチャンピオンズリーグでの躍進に大きく貢献。リーグ戦では31試合に出場して4ゴール13アシストを記録した。

 この活躍でユベントスは買い取りオプションを行使する予定だ。24日の『スカイ・スポーツ』によると、ユベントスのマロッタGMはD・コスタの残留について言及。契約合意に至った場合、1年間のレンタル料600万ユーロ(約7億7000万円)と買い取り料4000万ユーロ(約51億3000万円)をバイエルンに支払う予定となる。

 モウリーニョ監督はこのブラジル人ドリブラーの獲得を狙っており、ユベントスへの移籍金として8500万ユーロ(約109億円)を用意。この契約が成立すると、ユベントスには3900万ユーロ(約50億円)の利益が生じることになる。ユベントスはMFポール・ポグバが16年夏に9380万ポンド(約123億7000万円)でユナイテッドに移籍。今回の話が成立すると、“お得意様”ユナイテッドからまたしても大きな利益を手にすることになる。

●プレミアリーグ2017-18特集
●セリエA2017-18特集

TOP