beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2大会連続メンバー入りの山口蛍が“ハメス対策”語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

C大阪MF山口蛍が意気込みを語った

 日本サッカー協会(JFA)は31日、ロシアW杯に出場する日本代表メンバー23人を発表した。セレッソ大阪は同日に記者会見を行い、2大会連続の選出となったMF山口蛍が意気込みを語っている。

 山口は本大会に向けて「しっかり戦ってきたいと思います」と抱負を述べると「キヨくん(清武弘嗣)と(杉本)健勇の思いも一緒に背負って頑張ってこれたら」と、落選したC大阪のチームメイト2人についても言及。「思い切って自分の出せるものは全部出して帰ってきたいですし、できるだけいい結果を持って帰って来れればいいかなと思います」と戦友に誓った。

 また、自身の役割に関しては「やっぱり守備の部分が一番求められると思いますし、ファイトする、泥臭く戦うというところ」とし、初戦のコロンビア戦について聞かれると「コロンビアだけではないですけど、自分と対峙する相手のキーマンというのは必死になって潰さないといけないなとは思います」と力を込めている。

 コロンビアは前回大会のグループリーグ第3戦でも対戦し、1-4の惨敗を喫した相手。その試合に途中出場していた山口は「コロンビアだったらもちろんハメス・ロドリゲスになってくるとは思います」と要注意選手を挙げ、「防ぐというか自由にやらせない。もちろん彼にボールが入る前に奪い取ることができればそれが一番ですし、もし持たせたとしても自由にやらせないっていうのが一番じゃないかなと思います」と“キーマン封じ”のイメージを膨らませた。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP