beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

盛岡DF稲森克尚が骨折で全治約1か月…天皇杯・流経大戦で負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
[故障者情報]

 グルージャ盛岡は1日、DF稲森克尚が右第五肋骨を骨折していたことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、稲盛は27日に行われた天皇杯1回戦・流通経済大戦(1-2)で負傷。盛岡市内の病院で診察を受けた結果、右第五肋骨骨折により全治約1か月と診断されたという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP