beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2人抜き&ヒールパスの合作…ファン・ウィジョの華麗V弾でG大阪が磐田に先勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を挙げたG大阪FWファン・ウィジョ

[6.2 ルヴァン杯プレーオフ第1戦 G大阪1-0磐田 吹田S]

 ルヴァン杯プレーオフ第1戦が2日に行われ、ガンバ大阪はホームでジュビロ磐田に1-0で勝利した。前半7分に決まったFWファン・ウィジョのゴールが決勝点。第2戦は9日にヤマハスタジアムで開催される。

 C組2位通過のG大阪とB組を首位で突破した磐田の対戦。開始早々に均衡を破ったのはG大阪だった。

 前半7分、右サイドでロングボールを収めたファン・ウィジョがMF松本昌也とDF高橋祥平に挟まれた状態から同時に2人を振り切り、PA内右に進入。前方のFW長沢駿に一度預けると、ヒールでのリターンパスを受け、右足でゴール右に蹴り込んだ。

 先制を許した磐田もすぐさま反撃を仕掛ける。前半13分、DF米倉恒貴をかわした松本がPA内左から右足でシュート。しかし、GK林瑞輝の好セーブに遭う。同31分にはPA手前やや左のFKからキッカーのMF中村俊輔が左足でゴール右を狙うが、コースを読んだGK林に止められた。

 磐田は後半5分にもPA手前右の良い位置でFKを獲得。キッカーの中村が再び左足で直接シュートを放つも、今度は壁に当たってしまう。

 ゴールが遠い磐田を尻目に、G大阪は立て続けにビッグチャンスを創出。後半10分に右サイドを突破した米倉がマイナスに折り返し、フリーで走り込んだPA内中央のDF藤春廣輝が左足でシュートを放つ。だが、わずかにゴール左外へ。同15分には再び米倉の折り返しから、ゴール前でフリーの長沢が右足で合わせるも、至近距離でGK三浦龍輝にブロックされた。

 磐田は後半20分、今季ルヴァン杯でチームトップの3得点を記録しているFW中野誠也を下げ、チーム2位の2得点を挙げているMF荒木大吾を投入する。さらに同25分には中村とMF山田大記をチェンジ。しかし、同29分に右の太ももの裏を痛めた松本がMF山本康裕との交代を余儀なくされ、最後のカードはアクシデントで使うことになった。

 結局、流れを変えるまでには至らず、0-1で試合終了。磐田はアウェーゴールを奪えないまま第1戦を落とした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[ルヴァン杯]PO第1戦 スコア速報

TOP