beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「三色旗と誇りを持って」W杯に出場する唯一のイタリア人選手…日本とも対戦予定

このエントリーをはてなブックマークに追加

セネガル代表のGKアルフレッド・ゴミスは今大会唯一のイタリア人でもある

 ロシアW杯に出場する唯一のイタリア人選手であるGKアルフレッド・ゴミスが、7日付のイタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューに応じた。

 ゴミスはトリノの下部組織出身の24歳。昨年からSPALの守護神を務め、チームのセリエA残留に貢献した。ゴミスはセネガル生まれだが、トリノや近郊のクーネオで育ち、セネガルとイタリアの二重国籍を持つ。ルイジ・ディ・ビアージョの下で、U-20イタリア代表の合宿に招集された経験もあるが、最終的にセネガル代表を選択。2017年11月、ロシアW杯アフリカ予選の南アフリカ戦でデビューを果たした。イタリアは今回、60年ぶりに本大会出場を逃しており、ゴミスがロシアW杯に出場する唯一のイタリア人選手になる。

「考えてもみなかったが、そういうことになる。スーツケースの中にトリコローレ(イタリアの三色旗)も入れて、誇りとともに持っていくよ。スポーツに限らず、イタリア人として教育を受け、自分が形成された。それにイタリアにはいつも感謝している。僕は3歳で移住し、クーネオやトリノで育った。やや遅くはなったが、初めて今年、セリエAでプレーし、歴史的な残留を勝ち取ることができた。どんな夢よりも最高だ」

 W杯では、グループHで日本やコロンビア、ポーランドと対戦するが、力が拮抗したグループだと言われている。

「僕は楽しみたい。楽しんでこそ、本来の実力を発揮し、気持ちを入れたプレーができると思う。それから下馬評では、自分たちよりも有力とされているチームを倒したい。余計なことは考えずに挑まなければならないと思う」

 セネガルのチームメートには、ナポリで評価を高めたDFカリドゥ・クリバリがいる。

「彼は世界屈指のDFであり、(ディエゴ)マラドーナも認めている。彼がいれば安心だ。だが他にもヨーロッパで素晴らしい成績を残している選手がたくさんいる。イタリアで知られているケイタ(バルデ)、(エムバイェ)ニアンのほか、リバプールの(サディオ)マネもいる。僕らは競争力のあるチームなんだ」

 ただゴミス自身が正GKとして出場するかどうかを問われると、言葉を濁した。

「まだ分からない。僕がチームに加わったのは一番最後だったし、残りの親善試合は、クロアチア戦と韓国戦だけだ。これまで同様、自分の実力を示せるよう願っている」

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP