beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コスタリカ指揮官が仰天発言!「ベルギー10番の名前は知らない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コスタリカ代表を率いるオスカー・ラミレス監督

 ロシアW杯に出場するコスタリカ代表のオスカー・ラミレス監督が仰天発言した。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 11日、コスタリカは最新FIFAランキング3位でW杯優勝候補のベルギー代表と対戦。前半24分にMFブライアン・ルイスが先制点を奪ったが、FWロメル・ルカクの2ゴールなどにより1-4で逆転負けを喫した。

 試合終了後の記者会見でラミレス監督は、「あの背番号10番には大いに苦しめられたよ。名前は知らないけどね」と発言。これが話題となっている。

 その10番をつける選手は、“ベルギーのキーマン”MFエデン・アザールだ。緩急自在かつ低重心のドリブルで相手を翻弄し、フィニッシュまで持ち込むスタイルのアザールは、この試合でも同点ゴールをアシストするなど、素晴らしいパフォーマンスを披露。ロシアW杯の注目選手として名前が挙がっているような選手だ。

 そんな“有名人”を知らないと語ったラミレス監督。これは冗談だったのだろうか。なお、コスタリカは17日にW杯初戦でセルビアと対戦。ベルギーは18日にパナマと戦う。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP