beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

コロンビアのレジェンド、イギータ氏がGK川島永嗣を擁護「あれほど近距離から打たれれば…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レネ・イギータ氏が川島永嗣を擁護

 19日に行われたロシアW杯グループH初戦で日本代表がコロンビア代表を2-1で撃破。元コロンビア代表GKのレネ・イギータ氏はドイツの放送局『ZDF』の番組に出演し、この一戦について語っている。

 スイーパーとしての役割を担うだけではなく、相手陣内にまでドリブルで突き進む超攻撃的なプレー、数々のFKやPKも担当したことで知られるコロンビア代表のレジェンド、イギータ氏。『エル・ロコ』(狂人)とも呼ばれる51歳の同氏は、今回のW杯では放送局『ZDF』のスタジオから自国の日本との対戦を見守り、その戦いぶりについてのコメントしている。

 試合後、落胆した様子のイギータ氏だが、「こんなコロンビアは見たことない。誰も予想していなかっただろう」と切り出すと、「メンバーシートを見たとき、この試合は中盤での戦いになると考えていた。だが、退場者が出してからすべてが変わった。プランを実行することはできなくなったが、それでもコロンビアは守備的なプレーを続けたね」と続け、コロンビア率いるホセ・ペケルマン監督が選んだ戦略には理解できない様子をうかがわせた。

「クリエイティブな選手(ファン・クアドラード)がほかの選手に交代された。ハメス・ロドリゲスが入ったときにピッチを退いたのは同じトップ下だったので、流れが変えられることはなかったね。後半もそのまま続いていたので、私は次にゴールを決めるチームが勝利するだろうと考えたが、それは日本だったのさ」

「我々には良いチームがある。だが、勝ちに行くプレーを見せなければいけない。我々は失点を避けるチーム、待ち構えるチームではなく、勝利を目指すチームだ。そして、コロンビアには勝ちに行けるような選手が揃っている。今日の試合にはガッカリしたよ」

 また、イギータ氏はGKとしての意見も問われている。司会者が注目したのは前半39分、日本のGK川島永嗣がコロンビアMFファン・キンテーロの壁の下を通るグラウンダーのFKを阻止できなかった場面、そして後半28分、FW大迫勇也が頭を合わせた際、GKダビド・オスピナがパンチングなどで対応しなかったことについて以下のように語っている。

 1-1としたFKについてイギータ氏は「あれほど近距離から低いシュートを打たれてはGK にとってなかなか難しいよ」とGKが必ずしもセーブできるようなシュートではないと言及。また大迫がCKからヘディング弾を決めたことについても「すべてがものすごく短い時間の間に起きてしまう。でも、このような場面では相手をマンマークしなければいけないね。問題はGKではなく、マークを上手くできなかった選手だと思う」とGKを責めるべきではないことを強調した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP