beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

森下駐コロンビア大使が日本人女性への侮辱問題で声明…謝罪を「受け入れます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロンビア人男性グループが日本人と思われる女性に対して侮辱的な言葉を誘導した問題で、駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏がコメントを発表した。『RCN Radio』が伝えた。

 19日に行われたロシアW杯のグループH第1節、コロンビア対日本(1-2)の試合終了後にコロンビア人男性グループが、日本人と思われる女性にスペイン語で「私はかなりの売春婦です」、続けて「とてもいやらしい」と言わせた動画をSNSにアップ。コロンビア国内で恥ずべきものとして拡散され、批判が殺到している。

 この問題にコロンビア政府は、「我々は悪しき振る舞いを拒絶します。そのような人々は、私たちの文化、言語、人種を代表する存在ではない」という緊急声明を発表。同国サッカーレジェンドであるファウスティーノ・アスプリージャ氏も「世界の友人たち、特に日本の友人たちに、このような類の人間がコロンビア人を代表するとは思わないでほしい。私たちは、すべての文化を尊重している。コロンビア人を代表して謝罪したい。どうか受け入れてほしい」と謝罪する事態となっている。

 これを受けて駐コロンビア日本国大使の森下敬一郎氏は「この動画は本当に残念に思いますし、コロンビアの人々からこの行動について謝罪を受けています」とコメントし、何百人ものコロンビア市民から謝罪を受けたことコメントを発表している。

 また、この動画をSNSにアップした男性から謝罪を受けたとし「悲しいことですが、コロンビア人男性からのこのビデオの公開についての謝罪を受け入れます」と明かしている。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP