beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「決定力がないとずっと言われてきた」…“悔しさバネ”に乾がW杯初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯初ゴールを奪った日本代表MF乾貴士

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]

 劣勢が続く嫌な流れを断ち切るゴールを叩き込んだ。日本代表MF乾貴士にとって、W杯初ゴール。「もちろんうれしかった」ものの、悔しさも残る試合となった。

 序盤からセネガルに押し込まれる展開となると、前半11分に先制点を献上。しかし、同34分にワンチャンスを生かして同点ゴールを奪取する。センターサークル内からMF柴崎岳が送ったロングパスで左サイドを駆け上がったDF長友佑都が、ワンタッチで相手2人を置き去りに。するとコントロールが大きくなったボールが、乾の足元に転がってくる。

「最初はスルーするか迷ったけど、あの角度では佑都くんは多分シュートを打てないと思った」。乾がボールを受ける形になると、「うまくゴール方向を向けたし、得意なコースだった。シュートも少なかった時間帯だったので思い切って打った」とワンタッチでコースを生み出すと、右足のシュートでネットを揺らして同点ゴールを記録した。

 これまでの乾といえば、チャンスは作るが、なかなかゴールが奪えないと言われ、自身も「決定力がないとサッカー人生でずっと言われてきているし、それは自分自身も分かっている」と口にする。しかし、「でもサッカーをやっている以上、気にせずにやり続けるしかない」と気丈に答えると、「自分が打つ時は最近自信を持って打てている」と話したように、12日のパラグアイ戦で2ゴール、そしてW杯セネガル戦で1ゴールを奪った。

 W杯初ゴールで勢いに乗ると、後半19分には自身2点目のチャンスを迎える。FW大迫勇也がキープして送ったヒールパスに反応して左サイドを駆け上がると、右足ダイレクトで合わせたシュートがゴールを襲う。しかし、クロスバーを叩いてネットを揺らすには至らなかった。「2点目を取るチャンスもあった。1点では満足はまったくしていない」と次戦以降でのさらなる爆発を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP