beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GL敗退ならば…長谷部「批判された試合の運び方になった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF長谷部誠

[6.28 W杯グループリーグ第3節 日本0-1ポーランド ボルゴグラード]

 0-1と1点のビハインドを背負った状況。だが、たとえ目の前のポーランド代表に敗れたとしても、決勝トーナメント進出の可能性が残されていた。そして、その後の試合運びは後半37分に日本代表MF長谷部誠が投入されたことで、方向性が決まった。

 この時点で、同時刻キックオフの試合でコロンビアがセネガルから1-0とリードを奪っていた。2試合がこのまま試合終了を迎えれば、日本の2位通過が決まる状況。「自分がそこで投入される意味を理解しないといけなかったし、それは中にいる選手へのメッセージになったと思う」と送り込まれた長谷部は、すぐさま西野朗監督からの指示をピッチ上の選手たちに伝えた。

「監督の決断は『このままでいく』。そして『後ろは絶対に失点するな』『イエローカードを気を付けろ』ということ」。セネガルとは勝ち点、得失点差、さらに総得点で並ぶことになるが、フェアプレーポイントで日本が優位なため、警告には細心の注意を払い、このまま試合終了を迎えるとの指示だった。

「僕にとっても初めてのケースだったし、本当に誰かが決断しないといけない。試合の中で、それが監督だった」

 日本が同点に追い付けば、自力でGLを突破する状況でもあり、「中の選手たちは難しい部分もあったと思う」と答えつつ、「ただ、ああいう状況で曖昧にするのが一番良くなかった」と、指揮官の指示を実行する。最終ラインでボールを回し、時間を使う。スタンドから大きなブーイングが飛ばされようが、0-1のまま試合を終わらせるのがピッチに立つ選手たちの任務だった。

 だが、懸念もあった。仮にセネガルが同点に追い付けば、その時点で日本は3位となってグループリーグ敗退が決まる。長谷部自身も、「もちろん、他会場の笛が鳴るまでリスクのあるものだったと思う」と語ったように、“危険な賭け”でもあった。仮にセネガルが同点に追い付くようなら、「言ってくれと言ってあったし、そうなったらもちろん(点を取りに)行くというのははっきりしていた」ようだ。

 不本意な形だったかもしれないが、ボールを回し続けた日本は試合終了のホイッスルを聞く。そして約1分後、コロンビアが1-0のままセネガルを下したとの報が届く。この結果、コロンビアが首位、日本が2位で決勝トーナメントへと進むことが決まった。「この世界は結果なので。これでセネガルが追い付いていたら批判された試合の運び方になったと思うし、もちろんさまざまな議論はあると思うけど、これはしっかりと自分たちが勝ち取った結果として受け止めたい。一番は結果。その結果を得られたのは非常にうれしい」。“危険な賭け”に勝っての2大会ぶりのグループリーグ突破に、キャプテンは安堵の表情を浮かべていた。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP