beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨季終盤にアキレス腱断裂…名古屋FW松本が相模原へ期限付き移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
 SC相模原は1日、名古屋グランパスFW松本孝平(23)が期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は2019年1月31日までとなっている。

 藤沢清流高、国士舘大出身の松本は昨季、名古屋に加入。昨年11月に左アキレス腱断裂の大怪我を負うなど、ここまで公式戦への出場はなかった。

 相模原の公式サイトを通じて、「難しい決断でしたが自分が成長するためにSC相模原にきました。1日でも早くこのチームになれるように必死に戦います。よろしくお願いします」とコメントしている。

 名古屋の公式サイトでもあいさつ。「グランパスでは怪我でのリハビリが多く苦しい時期をチーム、ファン・サポーターの皆さんに支えてもらいました。そのクラブに恩返しができるよう自分を成長させるために期限付き移籍を決断しました。チームは苦しい時期ではありますが、チーム、ファン・サポーターの皆さんを信じています。僕も成長するために挑戦してきます」と述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP