beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和MF柏木が移籍報道を一蹴「全くのガセネタです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和MF柏木陽介がポルティモネンセ移籍を否定

 浦和レッズのMF柏木陽介が1日に自身のインスタグラム(@yosuke_kashiwagi)を更新し、ポルティモネンセ(ポルトガル)への移籍の噂を否定した。

 ポルトガル『ア・ボーラ』は6月30日、MF中島翔哉の所属するポルティモネンセが柏木の獲得に向けた交渉を行っていると報道。同クラブのロディネイ・サンパイオ会長は「彼にポルトガルリーグのことを話した。彼はすぐに返事をくれるだろう」と獲得に動いていることを認めていた。

 しかし、インスタグラムで「朝起きたら、移籍の記事出てるやん」と反応した柏木は「全くのガセネタですので。今年浦和に残ったのは浦和を愛しているから」と移籍の噂を完全否定。「リーグと天皇杯取ってないタイトルあるし、キャプテンとして、そんなことはありえません。後半戦巻き返しましょう!!!」とファンを安心させている。

 広島の下部組織出身の柏木はトップ昇格した2006年から2009年まで同クラブでプレーし、2010年に浦和へ完全移籍。2016年には背番号を8から10に変更し、これまで浦和の選手として公式戦354試合で48ゴール95アシストを記録している。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP