beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「いきなり手術と言われた」一度は諦めたW杯…乾がケガの真実語る

このエントリーをはてなブックマークに追加

涙するMF乾貴士をMF本田圭佑が抱きしめる

[7.2 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 日本2-3ベルギー ロストフ・ナ・ドヌ]

 人目をはばからず、号泣した。日本代表MF乾貴士(ベティス)は膝に手をつき、溢れる涙を抑えるように手で顔を覆った。「やっぱり悔しいですね。こういう負け方は特に悔しい」。目を赤く腫らした背番号14は試合後の取材エリアで、これまで決して語ってこなかった事実を明かした。

 シーズン終盤に右大腿四頭筋を負傷し、シーズン終了を待たずに日本に帰国した乾は、それでもW杯の最終候補メンバー27人に選ばれ、5月21日に始まった国内合宿に参加していた。しかし、ケガの影響で別調整が続き、壮行試合となった5月30日のガーナ戦も欠場。それでも翌31日、西野朗監督は本大会には間に合うとの判断で乾を最終メンバー23人に選出した。

「大会前にケガをして、いきなり手術と言われた。その時点で一回、W杯を諦めないといけなかった。でも、27人に入っていたので、そこでは諦められず、その思いをエイバルの監督、スタッフが分かってくれて、シーズン中だったけど、日本に帰ることを許してくれた」

 手術となれば、当然、W杯には間に合わない。乾にとっては悪夢の“宣告”だったが、帰国後、代表のメディカルスタッフによる検査を受け、「手術以外でケガを直していく方法を日本のドクター、トレーナーが必死に考えてくれた」。ギリギリの判断で手術を回避し、W杯への道をドクター、トレーナーと“二人三脚”で模索していった。

「膝が曲がらない状態の自分をギリギリまで待ってくれて、ガーナ戦に出られない中で23人に選んでもらって、その感謝の思いを大会にぶつけたかった」。W杯絶望の崖っ縁から“生還”した乾は、まさにその思いをプレーで体現していった。

 W杯前最後の強化試合となった今月12日のパラグアイ戦(4-2)で2ゴールの活躍。「最初は(左サイドハーフの先発は)宇佐美でいく考えを持っていたはず。パラグアイ戦でいいアピールができて、一緒に出たメンバーで一致団結してパラグアイに勝てた。その勢いで大会に入れた」。一気にレギュラーの座をつかみ取り、19日のコロンビア戦(2-1)でW杯デビュー。コロンビア戦は消化不良に終わったが、続く24日のセネガル戦(2-2)でW杯初ゴールとなる貴重な同点弾を叩き込んだ。

 この日も魅せた。1-0で迎えた後半7分、MF香川真司が落としたボールをPA手前から右足一閃。鮮やかなミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。今大会2点目となる貴重な追加点。2-0とリードを広げ、史上初の8強に近づいたかと思われたが、悪夢の3失点で逆転負けした。

「勝ったのは(相手が)10人のコロンビア戦だけ。それ以外は一つも勝てなかった」。善戦では満足できない。埋められなかった世界との差。「勝てそうで勝てない試合がこれだけ続くと、出てないメンバーにも申し訳ないし、ファンの方にも申し訳ない気持ちでいっぱい」。チームの主力として戦ってきたからこそ、悔しさは大きかった。

(取材・文 西山紘平)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP