beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟DF堀米悠斗が右脛骨疲労骨折で手術…全治4か月の見込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟DF堀米悠斗が手術を実施

[故障者情報]

 アルビレックス新潟は3日、DF堀米悠斗が6月29日に東京都内の病院にて、かねてから痛めていた右脛骨の手術を行ったことを発表した。診断名は右脛骨疲労骨折。全治は約4か月の見込みとなっている。

 堀米は昨季に札幌から新潟へ移籍し、左サイドバックを主戦場にJ1リーグ戦24試合に出場。今季はJ2リーグ戦6試合に出場していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP