beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

無念のベンチ外…ハメスの目に涙

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス

[7.3 ロシアW杯決勝トーナメント1回戦 コロンビア1-1(PK3-4)イングランド モスクワ/スパルタク]

 背番号10の姿はベンチにもなかった。決勝トーナメント1回戦イングランド戦、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは負傷のため、ベンチ外となった。

 スタンドからピッチ上で戦う仲間を見つめていた。後半13分にFWハリー・ケインにPKを決められてイングランドに先制を許すと、その後の応援に熱が入ったか、ジャージを脱ぎ捨てて半袖になってチームメイトに声を送る。たとえピッチに立てなくても一緒に戦っているのは同じ。選手交代の際にはピッチを後にするチームメイトに拍手を送り、微妙な判定には両手を広げてアピール。そして、後半アディショナルタイムにDFジェリー・ミナが劇的な同点ゴールを奪うと、立ち上がって両手を上げてサポーターをあおった。

 延長戦を迎えると、ピッチまで降りて仲間に声をかけて回ったものの、勝ち越しゴールは生まれず。チームはPK戦の末に敗れ、大会から姿を消すことになった。

 初戦の日本戦前にふくらはぎの負傷が伝えられたハメスは、同試合の後半14分から出場したものの、体は重く、本領発揮とはいかず。ポーランド戦では先発フル出場を果たすと2点を演出して復調の兆しを見せたが、続くセネガル戦の前半31分に負傷交代。そして、イングランド戦ではベンチ外となった。

 チームの力になれなかった男は試合後、一人でベンチに座って動けず。ただ、涙を流した。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP