beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

さすが英国紳士…28歳DFが“出産立会い”でW杯を欠場、指揮官はその姿勢を称賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド代表のガレス・サウスゲート監督とDFファビアン・デルフ

 イングランド代表DFファビアン・デルフ(28)はPK戦で勝利したロシアW杯決勝トーナメント1回戦を、我が子の出産のために欠場していたようだ。準々決勝では再びチームに戻る予定。ガレス・サウスゲート監督はデルフについて、家族と向き合う姿勢を称賛している。

 所属先のマンチェスター・シティは4日、デルフが家族の住居があるイギリスからロシアに向かっていることを発表した。デルフの公式インスタグラム(@fabian_delph)によると、妻ナタリーさんとの間に、3人目の娘となる健康な女の子が生まれたという。

 トーナメント1回戦コロンビア戦ではメンバーを外れていたデルフは、準々決勝のスウェーデン戦には間に合う見込み。出産立ち会いのためにW杯を欠場するのは異例の出来事だったようだが、日本では紳士的な服装が話題のサウスゲート監督は1回戦の試合前、デルフについて言及していた。

「人生には、サッカーよりも重要なことがいくつかある。これは大きな大会だが、家族はもっと重要だ」

「こんな時、家族を大事にしたい選手は他人の支持を得なければならない。だが、われわれは幸運なことに、良いパーソナリティ、良いメンタリティーを通じたメンバーが信じられないほどの絆を持っている」

「あなたの子どもが生まれる時は、あなたの人生の中で一日しかない。私の父親の世代では違う見方をするかもしれないが、家族のためを考えるとそこにいなければならない」

 さまざまなポジションを高いレベルでこなすデルフは、これまでグループリーグ2試合に出場。素晴らしい人間性を持つ指揮官に後押しされ、家族と幸せな時間を過ごしたDFは、きっと母国の勝利への熱意をいっそう深めたことだろう。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP