beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

9年前の悪夢よぎるも…浦和がマウリシオの連続ヘッドで逆転! 松本はジャイキリ再現ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールで逆転勝利を導いた浦和DFマウリシオ

[7.11 天皇杯3回戦 浦和2-1松本 松本]

 天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会の3回戦が11日に開催され、浦和レッズ(J1)は松本山雅FC(J2)に2-1で勝利した。前半10分に松本のFW永井龍に先制点を許したが、同42分と後半40分にCKの流れからDFマウリシオが2ゴールを決めて逆転に成功。松本は北信越リーグ時代の2009年10月11日に行われた天皇杯2回戦で浦和を2-0で破る“ジャイアントキリング”を果たしたが、9年ぶり2回目の対戦で金星の再現とはならなかった。

 約1か月ぶりの公式戦となる浦和は、日本代表としてロシアW杯に参加したDF槙野智章とDF遠藤航をスタメン起用。だが、先手を取ったのは試合勘で勝る松本だった。

 前半10分、MFセルジーニョのパスを受けたDF下川陽太がPA内左から左足でグラウンダーの速いボールを蹴り込む。ニアに入った永井がGK西川周作の前で左足のヒールで合わせ、巧みにゴールへ流し込んだ。

 1点を追いかける浦和は前半42分に右CKを獲得。キッカーのMF柏木陽介が左足で高いクロスを上げると、ファーの槙野がヘディングで折り返し、マウリシオがGK守田達弥の上から頭で叩き込んだ。

 1-1で迎えた後半は浦和がゴールに迫る時間が続く。そして後半40分、再び右CKからキッカーの柏木が左足でピンポイントクロスを供給すると、MFパウリーニョに競り勝ったマウリシオがヘッドで押し込む。2-1と逆転した浦和がリードを守り抜き、辛くも8月22日の4回戦に駒を進めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●第98回天皇杯特設ページ
●[天皇杯]3回戦 スコア速報

TOP