beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ほとんどの国民は君の味方だ」誹謗中傷に苦しむブラジル代表MFを古巣が激励

このエントリーをはてなブックマークに追加

人種差別や脅迫に苦しむフェルナンジーニョ

 ブラジルのアトレティコ・パラナエンセは、人種差別や脅迫に苦しむブラジル代表MFフェルナンジーニョへ向けたメッセージを発表した。『グローボ』が報じている。

 フェルナンジーニョはロシアW杯準々決勝ベルギー戦に出場。クリアミスからオウンゴールを献上してしまい、チームも1-2で敗戦。まさかのベスト8敗退となった。

 試合後、フェルナンジーニョに対してSNS上で人種差別的発言や殺害予告、脅迫など相次いだ。さらにその対象は家族にも向けられ、妻のガルシアさんは自身のSNSのアカウントを閉鎖に追いやられた。

 この状況に、現在マンチェスター・シティで活躍するフェルナンジーニョがプロデビューを果たしたアトレティコ・パラナエンセは、公式ホームページ上にメッセージを発表。元所属選手への誹謗中傷を強く非難した。

「フェルナンジーニョ、私たちはお互いをよく知っている。君は素晴らしい能力を練習や試合で見せ、私たちの赤と黒のユニフォームの誇りを守ってくれていた。だから私たちは君を尊敬している。謙虚さ、献身性、実直さと言った君の性格を知っている私たちは、多くのブラジル人と同じように悲しみと恥ずかしさを感じている」

「それはブラジルが敗退したからではない。これはサッカーでは普通のことで、よく知っているはずだ。負けたことは受け入れられる。しかし、君や君の家族が受けている偏見や人種差別を受け入れることはできない。それはいろいろな面でブラジル全体に恥をかかせている。でもフェルナンジーニョ、信じてほしい。彼らは少数派だ。ほとんどのブラジル国民は君の味方だ」

 さらにクラブは泣き寝入りするのではなく、それらの行為を撲滅する機会にするべきだと提案。そのための協力を惜しまないと述べている。

「『気にするな』とも言うことはできるが、君は声を上げなければならない。いや、それ以上だ。サポートとともに戦わなければならない。ブラジルという国として、これらの行為を撲滅しなくてはならない」

「アトレティコは君と君の家族の味方だ。私たちは君がここから世界に羽ばたいて行ったことを誇りに思っている」

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP