beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ヒーローだ!」「夢を実現した」 イギリス紙は敗れた戦士たちを称える

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったイングランド代表

[7.11 ロシアW杯準決勝 クロアチア2-1(延長)イングランド モスクワ/ルジニキ]

 ロシアW杯準決勝で延長戦の末に敗れたイングランド代表。開始5分に先制点を記録しながら、120分間を終えてのスコアは望んだものではなかったが、現地の大衆紙は28年ぶりの4強進出に称賛を送っているようだ。

「ヒーローだ!」(デイリー・メール)。「夢を実現した。ありがとう、イングランド」(デイリー・エクスプレス)。「誇りをくれた。勇敢なライオンたちがファイナルに肉薄した」(デイリー・スター)――。

 各紙の翌日向け一面には健闘を称える文言が一斉に並んだ。MFデイビッド・ベッカム、MFスティーブン・ジェラード、FWウェイン・ルーニーら、各世代のスター選手が残した成績は最高でベスト8。平均年齢26歳の“新生スリー・ライオンズ”は期待を超える偉業を果たした。

 『ガーディアン』と『ザ・タイムズ』はそろって「夢の終わり」と表現。やや冷静な立場にも見られるが、ここまでたどってきた道が「夢」だったのは一貫している。ロンドン・ハイドパークで行われたパブリック・ビューイングには広い公園を埋め尽くすほどの観衆が訪れており、国民のたしかな支持を得ていたようだ。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP