beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新宿から成田まで…W杯走行距離1位は32歳のクロアチア主将モドリッチ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きな盛り上がりを見せるロシアW杯も、残すは3位決定戦と決勝のみとなった。ホスト国のロシア代表や躍進するクロアチア代表の“無尽蔵のスタミナ”がトピックの一つとなっているが、『FOX』などのデータによれば、その中でも最多の走行距離を記録しているのはMFルカ・モドリッチのようだ。

 クロアチアの主将を務めるモドリッチはここまでの6試合で604分間プレーしており、走行距離は39.1マイル(約63km)となっている。クロアチアは決勝トーナメントでの3試合でいずれも延長戦を戦っているとはいえ、32歳の選手が出している距離としては特筆すべきものだろう。

 なお63kmは、おおよそ新宿駅から成田空港までの距離(※道のりではなく直線距離)。クロアチアではMFイバン・ペリシッチやMFイバン・ラキティッチらもモドリッチに近い走行距離を記録しているが、15日に行われる決勝のフランス戦でも持ち前の運動量を発揮できるか注目だ。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP