beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フランス、4発快勝で20年ぶり2度目の世界一!! クロアチアの粘り届かず…

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスが20年ぶり2度目の世界一に輝いた

[7.15 ロシアW杯決勝 フランス4-2クロアチア モスクワ/ルジニキ]

 ロシアW杯は15日、決勝を行い、モスクワのルジニキスタジアムでフランス代表クロアチア代表が対戦。前半18分にオウンゴールでフランスが先制するも、同28分にFWイバン・ペリシッチの得点でクロアチアが追い付く。しかし同38分にFWアントワーヌ・グリエーズマンのPKでフランスが勝ち越しに成功。後半に入ると同14分にMFポール・ポグバ、同20分にFWキリアン・ムバッペの得点で突き放したフランスが、クロアチアの反撃を1点に抑えて4-2の勝利を収め、20年ぶり2度目の世界一に輝いた。

 優勝した98年大会以来、20年ぶりの世界一を目指すフランスは準決勝ベルギー戦から先発の入れ替えはなく、同じ11人を先発起用。同国史上初となる決勝進出を果たしたクロアチアも準決勝イングランド戦から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤にリズムをつかんだのはクロアチアだった。決勝Tの3試合すべてを前後半の90分でケリをつけているフランスに対し、3試合連続延長戦をこなし、1試合分(延長30分×3)多く戦っているとも言えるクロアチアだが、2列目のMFルカ・モドリッチらが激しくプレッシャーを掛けて高い位置でのボール奪取を成功させると、長短織り交ぜたパスでフランス守備を攻略しようと試みる。

 しかし、体を張った対応でフィニッシュまで持ち込ませないフランスが前半18分に先制に成功する。右サイドでFKの好機を得ると、グリエーズマンが左足から蹴り出したボールがFWマリオ・マンジュキッチのオウンゴールを誘い、フランスが思わぬ形で先制。フランスはシュート0本でスコアを1-0とすることになった。

 しかし、前半29分にクロアチアがすぐさま同点に追い付く。モドリッチが蹴り出したFKが折り返されると、DFドマゴイ・ビダが落としたボールに反応したFWイバン・ペリシッチが左に持ち出し、強烈な左足シュートを突き刺して試合を振り出しに戻した。

 前半35分にはグリエーズマンが蹴り出したCKをペリシッチがクリアするが、フランスの選手がペリシッチのハンドをアピールし、ここでVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。クリアしようとしたペリシッチのハンドがあったことが認められ、PKの判定が下されると、このPKをグリエーズマンがきっちり沈めてフランスが再びリードを奪った。

 2-1とフランスがリードしたまま後半を迎えると、後半3分にクロアチアがゴールを脅かすが、MFイバン・ラキティッチのスルーパスからPA内に走り込んだFWアンテ・レビッチのシュートはGK{{ウーゴ・ロリス}に弾き出されてしまう。同7分にはフランスがゴールを迫るものの、ポグバのスルーパスから右サイドを驚異的なスピードで駆け上がったムバッペがPA内に持ち込んで放ったシュートは、距離を詰めたGKダニエル・スバシッチに阻まれてしまった。

 しかし後半14分、右サイドを突破したムバッペの折り返しを受けたグリエーズマンが落とすと、反応したポグバが右足シュート。一度は相手選手にブロックされたものの、こぼれ球をポグバ自らが左足で蹴り込み、フランスがリードを2点差に広げた。さらに同20分にはDFルーカス・エルナンデスから中央でパスを受けたムバッペが、PA外から狙いすました右足シュートでゴールを陥れ、フランスのリードは3点差となった。

 後半24分にはDFサムエル・ウムティティのバックパスをマンジュキッチが最後まで追うと、トラップしたロリスがかわそうとしたボールをプッシュして、クロアチアが2点差に詰め寄る。しかし、その後も圧力を掛け続けたものの得点は生まれず。粘り強くクロアチアの攻撃をはね返し続けたフランスが4-2の勝利を収め、20年ぶり2度目のW杯制覇を成し遂げた。

(取材・文 折戸岳彦)

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

TOP