beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田圭佑の豪州移籍は決定的、ACLでJリーグ勢と対戦の可能性も

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田圭佑の新天地はオーストラリアで決定的

 日本代表FW本田圭佑(32)の新天地はオーストラリアで決定的なようだ。オーストラリア紙『ジ・エイジ』が報じている。

 本田は昨年7月にセリエAの名門ミランからパチューカに移籍。公式戦34試合で13ゴールを記録し、チームの攻撃を牽引した。日本代表の一員として出場したロシアW杯では、日本人初の3大会連続ゴールを決めるなどベスト16進出に大きく貢献した。

 今季限りでパチューカを退団した本田は、現在フリーとなっており、去就が注目されている。そんな中、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーが獲得に動いている。同クラブはリーグ優勝を3度経験しており、今季もAFCチャンピオンズリーグに出場していた。

 同紙によると、本田の代理人はここ数か月に渡り、メルボルン・ビクトリーおよびオーストラリアサッカー協会と話し合いを進めている模様。数百万ドル(数億円)の“マーキープレーヤー”として獲得を目指しているようだ。

 マーキープレーヤーとは、年俸を自由に設定できる選手のこと。Aリーグではチーム全員の年俸合計額の上限が決められているが、集客力向上のため、その制限を受けない選手を各クラブ1人獲得することができる。

 なお、Aリーグは10月に開幕。本田はメルボルン・ビクトリーの看板選手として加入することになるのだろうか。

●海外組ガイド

TOP