beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「代表の関係者も来ているので…」 新潟が誇る長身DF岡本、“死の組”でのアピールに意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加

果敢な持ち上がりを見せるアルビレックス新潟U-18のDF岡本將成(3年)

[7.22 日本クラブユース選手権U-18大会GL第1節 柏U-18 2-0 新潟U-18 宮城総合]

 4月にルヴァン杯デビューも飾ったアルビレックス新潟U-18期待のセンターバックが、世代屈指のストライカーと対等以上の戦いを繰り広げた。184cmの長身DF岡本將成(3年)はクラブユース選手権初戦の試合後、「自分の強みであるスピード、高さを生かしたプレーを見てもらいたい」とアピールした。

 全国大会初戦に右センターバックで先発した岡本は、世代別代表経験を持つ柏レイソルU-18のFW森海渡(3年)とのマッチアップを展開。「個人としてはインターセプトとカバーリングがしっかりできた」と話したように、空中戦でも地上戦でも1対1で敗れるシーンはほとんどなかった。

 また、後半途中からは果敢な持ち上がりも見せ、攻撃での非凡な能力も披露。「後半に入るといつも盛り上がりがなくなるので、自分が積極的なプレーをしてスイッチを入れようと思った」。持ち上がる場面、裏に蹴る場面、縦パスを入れる場面の判断の良さも際立っていた。

 グループリーグでは柏のほかにG大阪ユース、鳥栖U-18と同組。森をはじめ、MF奥野耕平、MF石井快征ら、この世代で広く知られる選手に刺激を受けているという。「死のグループと言われていますが、記事で注目選手に挙がっている選手と対戦できて、モチベーション的にもやってやろうという気持ちです」

 トップチームへの帯同を経験することで、「速いプレースピードや縦パスやビルドアップの部分はプレミアのチーム相手でもやっていける」と自信を深めた様子。大会では鳥栖U-18、G大阪ユースと厳しい相手が続くが、「代表の関係者も多く来ていると聞いているので、ここで良いプレーをしたいと思っている」とステップアップに向けて闘志を燃やしていた。

(取材・文 竹内達也)
●第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP