beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「謙虚な姿勢に戻れ」W杯優勝経験の元ブラジル代表FWがネイマールに注文

このエントリーをはてなブックマークに追加

注文をつけられたFWネイマール

 1958年スウェーデンW杯にブラジル代表として出場し、優勝を経験した“マゾーラ”ことジョゼ・アルタフィーニ氏が23日、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、ブラジル代表やFWネイマールについて見解を示した。

 80歳を迎えたアルタフィーニ氏は、フランスの優勝に終わったロシアW杯を振り返った。母国ブラジルは準々決勝へ駒を進めたが、ベルギーに1-2で敗れて大会を後にした。

「すでに2014年にドイツに1-7で敗れたときから、顔ぶれは微妙だった。今年は4年前よりも良かったのだが、他の国より劣っていて、優勝するには十分ではなかった。唯一の慰めは、フランス以外の他の伝統国も足踏みをしたということ。悲しいが、ファンタジーよりもフィジカルが物を言った」

 続いてネイマールについても言及し、26歳のスターを擁護する一方、謙虚になるよう助言した。

「皆、彼の演技について話題にしたが、10回のうち8回は本物のファウルだった。残りの2回を大げさに表現したのは間違いだ。それでも彼の被ファウル数は多い。ベルギー戦では、色眼鏡で見られる中プレーしていてブレーキがかかっていた。

 あったはずのPKにも抗議しなかった。誇張していないと周囲に見せたかったのだろう。だがそこでも間違えた。彼らしくなかった。彼にとって教訓になるだろう。パリSGでは、自身の態度でチーム内に対立を作ってしまった。謙虚な姿勢に戻らなければならない」

 またチッチ監督については、「彼は勝利者だ。采配は正しかったし、続投が相応しい」と述べ、信頼を寄せた。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP