beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ドイツ代表引退表明のエジル、シンガポールでアーセナルファンからの声援に感激

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールのファンへ感謝のメッセージを綴った

 アーセナルMFメスト・エジルが、現在プレシーズンツアーで訪れているシンガポールのファンへ感謝のメッセージを綴った。

 先日、自身が受け続けた人種差別的批判と協会のサポート不足を理由に、ドイツ代表からの引退を発表したエジル。その声明文に対しては、現役選手やOB、反人種差別団体から様々な声が上がるなど、大きな騒動となっている。

 渦中のエジルは、26日に行われたシンガポールでのインターナショナル・チャレンジカップのアトレティコ・マドリー戦で、ベンチから戦況を見守った。本人は試合に出場しなかったが、ファンの声援に笑顔で対応していた。

 エジルはシンガポールで受けたアーセナルファンからの歓迎に対し、自身のSNSで「シンガポールのガナーズサポーターからの応援に感謝するよ。たくさんの愛をくれた」と地元ファンに感謝の言葉を発している。

 引退を表明したドイツ代表では「勝ったらドイツ人、負けたらトルコ系移民だと言われる」と述べたエジル。この言葉はドイツに限らず、“サッカー界にある人種差別”として世界中のメディアで取り上げられていた。

 失意の状況にあったエジルだったが、シンガポールの現地サポーターから受けた声援に、本人は感銘を受けたようだ。

●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP