beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島ユースは5年ぶりの準決勝へ…C大阪U-18とのプレミア上位対決制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

4強入りを決めたサンフレッチェ広島ユース

[7.28 日本クラブユース選手権U-18大会準々決勝 広島ユース 1-0 C大阪U-18 前橋フC]

  第42回日本クラブユース選手権は28日、群馬県のコーエィ前橋フットボールセンターで準々決勝4試合を行った。サンフレッチェ広島ユースセレッソ大阪U-18の高円宮杯プレミアリーグWEST上位対決は1-0で広島ユースに軍配。準優勝を果たした2013年以来、5年ぶりの4強入りを決めた。

 G組を首位通過した広島は決勝トーナメント1回戦でG大阪ユースにPK戦の末に勝利。E組を2位で突破してきたC大阪は1回戦の大分U-18戦に2-0で競り勝った。C大阪U-18は全国制覇を成し遂げた09年以来のベスト4進出を懸けて臨んだ。

 台風の接近によりピッチが湿り気を帯び、荒れた状態で行われた一戦。立ち上がりから広島ユースが主導権を握ると、前半33分、序盤から再三チャンスをつくっていたFW大堀亮之介(3年)が左サイドを駆け上がってクロスを送る。これにC大阪守備陣が苦し紛れのカバー。クリアしきれなかったボールがオウンゴールとなった。

 後半はC大阪が前線の人数を増やし、広島のフォーメーションにかみ合わせると、徐々にペースを取り戻した。だが、敵陣でのセットプレーが不発に終わると、互いに交代選手を投入しながら時間が過ぎていく。後半アディショナルタイム、C大阪はDF佐川洸介(3年)のヘッドもGK佐藤海斗(3年)にキャッチされて試合終了。広島が準決勝進出を決めた。

 勝ち上がった広島は準決勝でサガン鳥栖U-18に逆転勝ちをおさめた大宮アルディージャユースと対戦。今月30日、舞台を東京都に移し、味の素フィールド西が丘で19時にキックオフする。

準決勝の組み合わせは以下のとおり

(7月30日)
[味フィ西]
清水ユース 16:00 福岡U-18
大宮ユース 19:00 広島ユース

●第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特集ページ

TOP