beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

宇佐美貴史のデュッセルドルフ移籍が遠ざかる?アウクスブルクSD「手放すつもりはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

デュッセルドルフへの完全移籍を望むFW宇佐美貴史

 アウクスブルクは、日本代表FW宇佐美貴史を手放さない方針を示した。ドイツ紙『WAZ』 が伝えている。

 昨季、レンタルでデュッセルドルフに在籍した宇佐美だが、所属元アウクスブルクに再合流の予定だった26日に現地に現れず。アウクスブルク側は「プライベートの理由から」合流が遅れ、実際の現地入りについては「未定」とされていた。

 すると、まだ日本に滞在中の本人はドイツ紙『ビルト』で自身の状況について言及。「デュッセルドルフは自分にとって居心地の良い場所だった。引き続きそこでプレーできることを望んでいる」と以前から口にしてきた同クラブへの完全移籍の希望をあらためて強調した。

 アウクスブルクとの契約は2020年まで残す宇佐美だが、「1年間アウクスブルクとの間で今後について話し合う機会がなかった。クラブ側が自分を戦力として考慮してくれているか分からない」と、レンタル期間中は話し合いがなかったクラブに残らない考えを示している。

 しかし、アウクスブルクのシュテファン・ロイターSD(スポーツディレクター)は『WAZ』に対し、「タカシを手放すつもりはない」と強調。デュッセルドルフでの昨季では「良い成長を見せている。うちでも貢献できると思う」と同選手を構想に含めている様子をうかがわせた。

 このコメントは、デュッセルドルフとの移籍金交渉における駆け引きとも考えられるが、実際に取引は成立するのだろうか。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP