beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

三重第1代表・三重の守護神、北川空「まず無失点に抑えることが一番」

このエントリーをはてなブックマークに追加

三重高の守護神、GK北川空

 8月7日に平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)が開幕する。地元・三重県の第1代表、三重高のGK北川空(3年)はシュートストップとキックに自信を持つ長身守護神。その北川が地元開催のインターハイへの意気込みを語った。

●GK北川空(3年)
―インターハイ開幕を控えた心境は?
「このインハイは色々な目があってチャンス。プロを目指しているので、自分の全力を出して頑張りたい」

―自分のどのようなところを見てもらいたい?
「一番はシュートストップ。あとはパントキックとか、キックの精度を見てもらいたい」

―プロ志向は元々強いかった。
「昔からプロ目指して頑張っています。一昨年のキャプテン(紀藤隆翔)がプロに行ったのでチャンスだと」

―地元開催のプレッシャーはある?
「特に無いです。頑張れとみんなに言われます」

―全国大会で自分に課しているノルマは?
「まず無失点に抑えることが一番で、チームとしてはベスト4です」

―今年のチームの強みは?
「去年よりも個の能力はないんですけれども、組織的なサッカーができる。チームワークが一番だと思います」

―去年は前育に0-7で敗戦。そこで得たものは?
「あのレベルまで行けば全国獲れる。そこからチームの雰囲気も変わって良くなったと思います」

―TEKELAを着用した感想を教えてください。
「足にフィットしてボールが蹴りやすかったです。ボールに足が当たる感覚が良かったです」

―スパイク選びのこだわりはある?
「普段はデザインや、履きやすさです」

―理想のGK像は?
「理想のプロサッカー選手がいるんですけれども、(マンチェスター・)シティにいるエデルソン・モラレスです。その人のシュートセーブ、そしてキック1本からチャンスができるところがいい」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2018

TOP