beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山崎凌吾が加入後初ゴール含む2発!湘南が完封勝ちで2連勝、一方の柏は4連敗に…

このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎凌吾はJ1初ゴール

[8.1 J1第19節 柏0-2湘南 三協F柏]

 J1リーグは1日、第19節が行われた。三協フロンテア柏スタジアムでは柏レイソル湘南ベルマーレが対戦し、FW山崎凌吾の2ゴールにより湘南が完封勝ち。4試合無敗で2連勝を飾った。一方の柏は4連敗を喫した。

 3連敗中の柏は、28日の神戸戦(0-1)から1人を変更。MF細貝萌に代えてMF手塚康平を起用した。対する湘南は、台風の影響で前節・川崎F戦は中止。休養十分に臨む一戦は、22日の神戸戦(3-0)からMF秋野央樹に代え、MF石川俊輝がスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合は開始早々に動いた。湘南は前半2分、左サイドをドリブルで駆け上がったMF杉岡大暉がPA左角から鋭いグラウンダーのクロスを供給。GK桐畑和繁が弾いたボールを山崎が右足で難なく押し込み、先制に成功する。なお、鳥栖でプロ生活をスタートさせた山崎にとって、湘南加入後初ゴールがJ1初ゴールとなった。

 1点ビハインドの柏は前半31分、左サイド深くでFWクリスティアーノがヒールパスを送り、DF高木利弥がセンタリング。これは相手にクリアされるが、PA左で回収したMF小泉慶が中央に切れ込んで右足を振り抜くが、枠を外れてしまう。

 前半33分、湘南にアクシデント発生。DF大野和成が足を痛めてDF山根視来との交代を余儀なくされた。柏は35分、スルーパスに反応したFW伊東純也がPA左に進入。相手を引きつけながら中央へ切れ込み、ラストパスをダイレクトでMFキム・ボギョンが右足を振り抜くが、ジャストミートできなかった。

 早い時間帯に追いつきたい柏は、後半の立ち上がりから果敢にゴールに迫るが、決定的なシーンを作れないでいた。それでも25分、右サイドからDF小池龍太が上げたクロスをキム・ボギョンが打点の高いヘディングシュート。決まったかと思われたが、GK秋元の好セーブに阻まれた。

 1点リードも押し込まれる展開が続いた湘南は後半35分、右クロスのこぼれ球に反応した山崎がPA右でDFパク・ジョンスのスライディングタックルを受け、PKを獲得。これを山崎自らゴール左へ蹴り込み、2-0とリードを広げた。45分には、山崎が湘南サポーターの拍手を受けながらFW野田隆之介との交代でピッチを後にした。

 試合は2-0で湘南が完封勝利。試合終了後のヒーローインタビューで山崎は、「ゴールより連勝できたことが嬉しい。チームのためにもっと走らないといけない。もっと体を張れるように90分通してできるようにやっていきたい」と振り返り、次節・広島戦に向け、「勝ったことは忘れて、チャレンジャー精神をもってやっていきたい」と意気込んだ。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第19節 スコア速報

TOP