beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

興國高から2年連続で3選手がプロ入りへ!FW中川裕仁の愛媛加入が内定

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛FC入りが決まった興國高FW中川裕仁(中央)と愛媛の児玉雄一強化部長(右)、そして興國学園理事長で興國高の草島葉子校長ががっちり握手。(写真提供=興國高)

 J2で現在19位の愛媛FCは2日、興國高(大阪)FW中川裕仁が2019シーズンより新加入内定選手となることが決定と発表した。中川は7月中に仮契約を締結。興國からは山口内定の左SB起海斗、岐阜内定のFW村田透馬がすでに来季からのJクラブ加入が内定しており、中川で3人目となった。興國は昨年も3選手がプロ入り。2年連続で3選手をJリーグに送り出すことになった。

 スピードと強烈なシュートなどに自信を持つ中川は、セレッソ大阪 和歌山U-15時代の15年にU-15日本代表候補に選出。15年の和歌山国体少年男子の部では中学生ながら前線で存在感あるプレーを見せ、和歌山県の3位入賞に貢献した。その後、C大阪U-18へ進み、昨年から登録変更して興國でプレー。そして今回、興國の内野智章監督もかつて在籍していた愛媛でプロ入りすることが決まった。

 中川は愛媛を通して「この度、愛媛FCへ加入が決まりました。中川裕仁です。ここまで支えてくれた全ての人に感謝し、早く試合に出場し、結果を出してチームに貢献したいです。応援宜しくお願い致します」とコメント。プロで活躍し、支えてくれた人たちに恩返しする。

以下、愛媛発表のプロフィール

■氏名
中川 裕仁(なかがわ ひろと)
■ポジション
FW
■生年月日
2000年5月25日
■出生地
和歌山
■身長/体重
169cm/64kg
■サッカー歴
セレッソ大阪和歌山U-15-セレッソ大阪U-18-興国高校


 

TOP