beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本、圧巻3発逆転勝利!! 8戦無敗&4連勝で首位快走

このエントリーをはてなブックマークに追加

松本山雅FCジェフユナイテッド千葉を下した

[8.4 J2第27節 千葉2-3松本 フクアリ]

 J2は4日に第27節を開催し、フクダ電子アリーナでは2連勝中のジェフユナイテッド千葉と、ここ7戦無敗(6勝1分)で3連勝中の松本山雅FCが対戦。前半41分にMF船山貴之の得点で千葉が先制するが、同45分にFW前田大然のゴールで松本が追い付く。後半7分にMF岩上祐三、MF岩間雄大がネットを揺らして松本が逆転すると、千葉の反撃を1点に抑えて3-2の勝利を収めた。

 14位の千葉は7月29日の第26節新潟戦(○2-1)から先発5人を入れ替え、FW清武功暉、FWラリベイ、MF矢田旭、MF佐藤勇人、DF溝渕雄志らを先発起用。一方、首位の松本は前節甲府戦(○1-0)から先発2人を入れ替え、FW永井龍、MF中美慶哉らがスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半11分に松本がゴールに迫る。MF藤田息吹のパスを右サイドで呼び込んだ岩上がフリーでクロスを送ると、飛び込んだ永井がダイビングヘッドで合わせたものの、ボールはポストを叩いてネットを揺らすには至らなかった。

 前半16分には千葉がフィニッシュまで持ち込むが、右サイドを駆け上がった溝渕の折り返しから狙った矢田のシュートはジャストミートさせることができず。さらに同32分には、左サイドを突破した清武の折り返しを船山が落とすと、反応したMF工藤浩平が右足で狙うも、シュートは枠上に外れた。しかし同39分、溝渕のクロスがPA内の岩上のハンドを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めた船山が右足できっちり蹴り込み、千葉が先制に成功した。

 しかし前半45分、岩上が自陣から送ったロングボールに対し、DF近藤直也の後方から駆け上がった前田が追い抜いてボールを奪い取ると、PA内に侵入して左足のシュートでネットを揺らし。松本がすぐさま試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま後半を迎えると、後半7分に松本が試合をひっくり返す。左サイドからMF石原崇兆が送ったパスは相手選手に当たってコースが変わったものの、ファーサイドでフリーで待つ岩上の元へ。PA内で右足を振り抜くと、勢いよく飛び出したボールがネットに突き刺さり、スコアを2-1とした。逆転を許した千葉は同8分、清武に代えて2試合連続ゴール中のMF為田大貴をピッチへと送り込む。

 後半10分には松本が追加点のチャンスを迎えるが、岩上のCKをドンピシャのタイミングで合わせた永井のヘディングシュートはGKロドリゲスに弾き出されてしまう。しかし同16分、右サイドを駆け上がった前田の折り返しの流れから、最後はMF岩間雄大が鮮やかなチップキックでゴールを陥れてリードを2点差に広げた。すると同21分に千葉ベンチが動き、佐藤勇に代えてMF茶島雄介を投入する。

 その後は同点に追い付こうとする千葉が圧力を強めるが、後半32分のPA内から船山が放ったシュートがGK守田達弥に阻まれるなど、なかなか得点を奪えない。同45分に為田のクロスをFW指宿洋史が巧みなヒールで押し込んで1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。逃げ切った松本が3-2の逆転勝利を収め、連勝を「4」、無敗を「8」に伸ばした。一方の千葉は3試合ぶりの黒星を喫した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP