beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

セードルフがカメルーン代表監督に就任!コーチにもオランダ代表のレジェンドが…

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラレンス・セードルフ氏がカメルーン代表監督に就任

 カメルーンサッカー連盟は4日、カメルーン代表の新監督に元オランダ代表MFのクラレンス・セードルフ氏(42)が就任することを発表した。

 現役時代、アヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍したセードルフ氏は、2014年1月に現役を引退し、ミランの監督に就任。その後、深セン、デポルティボの指揮を執り、2017-18シーズン終了後にフリーとなっていた。

 “不屈のライオン”カメルーンは、ウーゴ・ブロース前監督のもと2017年アフリカ選手権を制したが、ロシアW杯アフリカ予選では、最終予選でグループ3位に終わり、出場権を逃した。これにより、昨年11月にブロース前監督を解任していた。

 なお、初の代表チームを率いるセードルフ氏とともに、パトリック・クライファート氏がアシスタントコーチとして入閣することも決まっている。

TOP