beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーにとって「完璧な補強」…念願叶ったコバチッチ「やる気にあふれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーの練習に初参加したMFマテオ・コバチッチ

 レアル・マドリークロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が1年間のローン移籍でチェルシーに加入し、新天地の練習に初参加した。

 GKティボー・クルトワとの大型トレードが実現し、コバチッチはチェルシーに移籍。スペイン『アス』がインタビューのコメントを伝えており、「チェルシーに移籍できてとてもうれしいし、やる気にあふれている」と意気込みを語っている。

「すごくいい気分だ。このクラブのために自分のベストを尽くしたい。僕にとっては新しいリーグになる。なにかの始まりは常に難しいけど、監督やチームメイトがサポートしてくれると思う」

 1994年生まれのコバチッチは2015-16シーズンにインテルからレアルに加入。選手層の厚いチームでは控えという立場に甘んじ、出場機会を求めて移籍を希望。退団の意思をレアル側に伝えていた。

 ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏は、コバチッチについて以下のようにコメントした。

「マテオをチェルシー・ファミリーに迎えることができてとてもうれしい。彼は今シーズンの私たちにとって完璧な補強だ。彼のプレースタイルこそ、マウリツィオ(・サッリ)監督が求めていたもの。このクラブのため、自らの価値を証明してくれると信じている」

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP