beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「今後のキャリアを考え決断」G大阪が神戸FW渡邉千真を獲得!!長沢とのトレード実現

このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸FW渡邉千真がG大阪に完全移籍

 ガンバ大阪は13日、ヴィッセル神戸のFW渡邉千真(32)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。また、同日にFW長沢駿(29)が神戸に期限付き移籍することも併せて発表。両クラブでストライカー同士の“トレード”が実現した。

 渡邉は国見高から早稲田大を経て、2009年に横浜FMでプロ生活をスタート。2012年にFC東京へ完全移籍し、神戸には2015年から在籍していた。2016年から2シーズン連続でキャプテンを務め、腕章をFWルーカス・ポドルスキに譲った今季はここまでJ1リーグ戦19試合で4得点をマーク。J1通算では288試合に出場し、88得点を記録している。

 加入に際してG大阪のクラブ公式サイトを通じ、「G大阪という新たな環境でトライさせて頂くことになり、感謝しております。この決断は、とても悩みましたが、自分の今後のキャリアを考え決断しました。自分の決断に誇りをもってチャレンジさせて頂きます。G大阪の渡邉千真を、応援して頂ければ嬉しいです」とコメントした。

 また、神戸に対しては「シーズン半ばでチームを離れることに、葛藤はありましたが、自分の今後のキャリアを考え決断しました。クラブがこの決断に理解をしてくれ、感謝しています。素晴らしい仲間とファン・サポーターの皆さまのおかげで、とても幸せな3年半でした。大好きなチームを離れるのは寂しいですが、自分の決断に誇りをもって、新しいチームでも頑張っていきます」と感謝と決意を述べている。

 宮本恒靖新監督率いるG大阪は、第21節終了時点で降格圏内の17位に低迷。渡邉は総得点ワースト2位に沈むチームの攻撃の起爆剤として期待される。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW渡邉千真
(わたなべ・かずま)
■生年月日
1986年8月10日(32歳)
■身長/体重
182cm/79kg
■出身地
長崎県
■経歴
国見中-国見高-早稲田大-横浜FM-FC東京-神戸
■代表歴
2004年:U-19日本代表
2007年:U-22日本代表
2010年:日本代表
■出場歴
J1リーグ:288試合88得点
カップ戦:57試合23得点
天皇杯:32試合16得点
ACL:7試合3得点

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP