beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

打っても良し、出しても良し…1G2AのU-21代表FW旗手怜央「自信につながる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-21日本代表FW旗手怜央(順大)

[8.16 アジア大会GL第2節 U-21日本4-0パキスタン チカラン]

 初戦では出場機会が訪れなかった。だからこそ、「何が何でも結果を出そう」と燃えていた――。迎えた第2戦パキスタン戦。U-21日本代表FW旗手怜央(順大)は1得点2アシストと破格の数字を残して、チームを2連勝へと導いた。

 序盤から積極的な姿勢を示したチームは、前半2分にDF岡崎慎(FC東京)のロングフィードから抜け出したFW岩崎悠人(京都)が決めて先制に成功。そして、同9分には旗手が続く。左サイドでDF大南拓磨(磐田)がキープすると、「拓磨が持ったときに裏が空いていて、最初からそのスペースを狙ったし、走って呼べばボールが来ると思った」と最終ライン裏を狙う。その動きを見逃さなかった大南のパスを胸トラップで落ち着けると、左足で流し込んでチーム2点目をマークした。

 旗手の勢いは止まらない。前半10分にはFW前田大然(松本)からパスを受けると、リターンパスで前田の得点をお膳立て。さらに同35分にはMF遠藤渓太(横浜FM)からPA内でパスを呼び込み、岩崎へのラストパスでチーム4点目を演出した。

「今年に入ってからゴール以外にアシストも目標にしてやっていた。それがこういう舞台で出せたのは自信につながる」。その他の場面でもゴールを狙うのは当然。鋭いスルーパスを供給するなど攻撃にアクセントを加えた背番号9は、胸を張ってそう答えた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼第18回アジア大会特集ページ

TOP