beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

狙われたMF神谷優太「相手にプレゼントしてしまった」、そしてオビも…

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-21日本代表MF神谷優太(愛媛)

[8.19 アジア大会GL第3節 U-21日本0-1ベトナム チカラン]

 完全に狙われていた。試合開始早々の前半3分、GKオビ・パウエル・オビンナからパスを呼び込んだU-21日本代表MF神谷優太(愛媛)だったが――。

 勝てば首位通過が決まるベトナム戦だったが、序盤から相手の高い位置からのプレッシャーに苦しめられる。そして前半3分、PA内でボールを受けたオビが神谷へと縦パスを通す。「受ける意識はあった」とボールを受けようとするが、神谷の後方からは2人の選手が猛スピードで迫っていた。さらに「周りを見ていた隙にボールがイレギュラーしてトラップしてしまった」とトラップが大きくなったところをかっさわられて、その流れから先制点を献上してしまった。

「ちょっとした不運で、それを相手にプレゼントしてしまった。僕の責任です。すべて自分の責任だと思って受け止めたいと思う」

 だが、神谷と同じように責任を感じている選手がいる。ボールを出したオビだ。パスを送ったオビには当然、神谷に迫る相手選手は見えていたが、「優太が前を向けなくてもいい、リターンでもいいと思って出した。試合の入りだったのでテンポを作れればと思ってあのプレーを選んだ」。しかし、失点につながったことで「振り返ってみれば判断ミスかもしれない。結果的に失点になるのであれば、自分が大きく蹴れば良かった」と声を落とした。

(取材・文 折戸岳彦)
▼第18回アジア大会特集ページ

TOP