beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

東京V澤井が“提携先”のフランス2部へ!! フランス語で意気込みも

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジャクシオへの期限付き移籍が決まった東京ヴェルディMF澤井直人

 東京ヴェルディは20日、MF澤井直人(23)が提携先のアジャクシオ(フランス2部)に期限付き移籍することが決まったと発表した。移籍期間は2019年6月30日までとなっている。

 1995年生まれの澤井は東京Vジュニアから一貫して同クラブのアカデミー育ち。トップチーム昇格1年目から安定して出場経験を積んでいたが、17年開幕直前にアキレス腱断裂で長期離脱を強いられると、その後は出場機会を失っていた。

 澤井はクラブの公式サイトを通じて、「このチャンスをくれたクラブの方々、支えてくれている方々、そしていつも応援していただいているサポーターの皆様に本当に感謝しています。昨年、アキレス腱断裂をした時に、常に僕のことを励ましてくれたことを忘れることはできません。

 ただ今シーズンはピッチ活躍して恩返しするということができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう一度ヴェルディのために戦える選手になれるように成長し、自分自身の目標に向かって挑戦してきます。これからも応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 なお、すでに渡仏済みでアジャクシオの公式サイトも写真を掲載。記事によるとフランス語で自己紹介を行ったといい、「ここでプロフェッショナルなサッカーに出会えて、そして自分のクオリティーを示すことができるとワクワクしている。私は4歳でサッカーを始めたけど、サッカーは情熱、そして人生です。このスポーツでチャンスを得ます」と意気込みを述べたようだ。

 なお、この移籍は東京Vとアジャクシオが結んでいる提携関係によって実現。指揮官は「適応には時間がかかりそう」と述べており、当面はセカンドチームでトレーニングを行っていくという。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP