beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

G大阪FW&“韓国のメッシ”のゴールで韓国がイラン下す! ソン・フンミンは兵役免除へまた1つ関門突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を決めたG大阪FWファン・ウィジョに抱きつくFWソン・フンミン

[8.23 アジア大会決勝T1回戦 U-23イラン 0-2 U-23韓国]

 アジア大会決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、U-23韓国代表はU-23イラン代表に2-0で勝利した。準々決勝は27日に開催され、韓国はウズベキスタンと対戦する。

 アジア大会優勝で兵役免除を受けられる韓国。この試合ではオーバーエイジ枠の3人であるFWソン・フンミン(トッテナム)、GKチョ・ヒョンウ(大邱FC)、FWファン・ウィジョ(G大阪)が揃って先発に名を連ねた。

 韓国は前半40分に均衡を破る。MFファン・インボムがPA内左から折り返すと、ゴール前のファン・ウィジョが右足で押し込んで1-0。貴重な先制点を挙げたG大阪FWに対し、この大会が兵役免除へのラストチャンスとなるソン・フンミンが一番に抱きついて喜びを示した。

 1点リードで折り返し、後半10分には“韓国のメッシ”と呼ばれるFWイ・スンウがカットインから強烈な右足のシュートを決めて追加点を奪取。GKチョ・ヒョンウが交代するアクシデントもあったが、そのまま逃げ切った韓国がイランを下し、ベスト8に駒を進めた。

▼第18回アジア大会特集ページ

TOP