beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イニエスタの前でJ1初ゴールの久保建英、西メディア「バルサの真珠が神戸を倒す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

久保建英がJ1初ゴール

 J1リーグ第24節のヴィッセル神戸横浜F・マリノスが26日にノエビアスタジアム神戸で行われ、2-0で横浜FMが勝利を収めた。スペインメディアは、この試合の先制点を決めた横浜FMのFW久保建英を称賛している。

 バルセロナ下部組織出身の久保は、同クラブのスターであったMFアンドレス・イニエスタを擁する神戸を相手にゴールを決めた。この試合の56分、ボックス正面で松原の横パスを受け、ワントラップからシュート。これがゴールに突き刺さって、J1初ゴールを記録している。

 スペインメディアもこの久保の活躍を取り上げた。スペイン『ムンド・デポルティボ』は「タケ・クボ、17歳のバルサの元真珠がゴールを決め、イニエスタのヴィッセルを破る」との見出しの記事を掲載。本文では、次のように記している。

「FIFAの処分によってバルサを退団しなければならなかった17歳の将来有望な選手、タケフサ・クボ。しかしバルサは6月に18歳となる彼を見守り続けている。横浜F・マリノスでデビューした彼はこの日曜日、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸を負かすゴールを決めた」

 イニエスタのチーム相手のゴールに、久保のスペインでの注目度はさらに増したのかもしれない。果たして久保は、国際移籍が可能になる18歳となったとき、バルセロナに復帰を果たすのだろうか。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP