beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トッテナムが開幕3連勝!マンUは“奇策”3バックも2戦連続3失点で2連敗に…

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFルーカス・モウラが2ゴール

[8.27 プレミアリーグ第3節 マンチェスター・U 0-3 トッテナム]

 プレミアリーグは27日、第3節の1試合を開催。オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドトッテナムが対戦し、トッテナムが3-0で勝利した。

 前節ブライトンに敗れ、早くも黒星がついたユナイテッドは、スタメンを6人変更。さらに3バックを採用し、DFクリス・スモーリングとDFフィル・ジョーンズ、そしてMFアンデル・エレーラを起用した。また、今オフに手術を受けたMFネマニャ・マティッチが復帰している。一方、今夏補強なしも開幕2連勝のトッテナムは、フルハム戦から2人を代え、MFムサ・デンベレとDFダニー・ローズが先発に入った。

 前半はスコアレスに終わった。優勢に試合を進めたユナイテッドは、ポゼッション率53.4%、シュートは前半だけで10本(うち枠内2本)も放ったが、GKウーゴ・ロリスの牙城を崩すことができなかった。それでも“奇策”3バックがうまくハマり、トッテナムのシュートを2本(うち枠内1本)に抑え、得点は時間の問題かと思われた。

 ユナイテッドは後半の入りも良かったが、スコアを動かしたのは劣勢のトッテナムだった。後半5分、DFキーラン・トリッピアーが右CKから右足でクロスを送ると、ジョーンズのマークを外したFWハリー・ケインがヘディングシュート。距離はあったがゴール右隅に飛ばし、先制のゴールネットを揺らした。さらに7分、右サイドのスペースに抜け出したMFクリスティアン・エリクセンがマイナス気味に折り返し、MFルーカス・モウラが右足でゴール左に流し込み、2-0。リードを広げた。

 あっさり2失点を喫したユナイテッドのベンチが慌ただしくなる。ジョゼ・モウリーニョ監督は後半10分、エレーラを下げてFWアレクシス・サンチェス、13分に右足を痛めたジョーンズに代えてDFビクトル・リンデレフ、16分にはマティッチとMFマルアン・フェライニを代え、一気に交代カードを使い切った。

 だが、ユナイテッドはベンチの慌ただしさがピッチの選手たちにも伝わってしまう。後半21分、リンデレフのバックパスが短くなり、これを見逃さなかったMFデレ・アリがGKダビド・デ・ヘアをかわしてシュートを放つ。ここはなんとか戻ったGKデ・ヘアが止めたが、試合の流れは完全にトッテナムに傾いた。

 ユナイテッドはシュートこそ打っているが、枠内に飛ばせず、決定的なシーンを作れないでいると、トッテナムが試合を決定づける3点目を挙げる。後半39分、センターサークル付近でケインのパスを受けたルーカスが中央を突破。スモーリングを華麗にかわしてPA内から右足シュートをゴール左に流し込み、勝負あり。トッテナムが3-0で3連勝を飾った。一方のユナイテッドは2試合連続の3失点で2連敗を喫した。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP