beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

超絶技巧の1年生10番、昌平FW須藤直輝「自分には仕掛けるしかない」 #ファントムを探せ

このエントリーをはてなブックマークに追加

昌平高で10番を背負う須藤直輝(1年)

#ファントムを探せ コラムVOL.5 昌平高 須藤直輝(1年)

 ナイキフットボールから、新たなスパイク「PHANTOM VSN(ファントム ビジョン)」が登場した。「ファントム」とは決められた役割で動くのではなく、ゲームを掌握し、決定的な仕事までするプレーヤーのことだ。相対した選手には、まるでファントム(ゴースト)に襲われたかのような脱帽せざるをえないプレーを見せつける。そんな得体の知れない「ファントム」なプレーヤーは日本に存在するのか。はたまた現れるのか。近い将来日本を背負うことを期待された逸材たちをピックアップし、「ファントムとは何か」に迫っていく。第5回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材し、各種媒体に寄稿している川端暁彦氏によるコラム。


 今夏の高校総体で2度目の4強入りを果たした昌平高の10番・須藤直輝は1年生である。…しかし、周囲も含めてそういう目線で観られる選手ではなくなっている。「総体のファントムプレーヤー」と言われて真っ先に思い浮かぶ選手でさえあるかもしれない。

 最大の武器はその超絶技巧。兄はフリースタイルの名手として知られているが、須藤もボール扱いは天下一品だ。今大会の準決勝では雷に伴う長期中断でロッカールームに缶詰になる一幕もあるが、そこでもリフティングの妙技を披露していたそうで、「いや、本当に上手いですよ」と藤島崇之監督もあらためてその技に感心させられたと言う。

 もちろん、単なるボールテクニックだけの1年生に10番は託せない。巧みにスペースを見出して運ぶドリブルの切れ味は抜群で、シャープの身のこなしとあいまって、総体でも対戦各校の脅威となり続けた。特にチームとしても山場だった青森山田高との2回戦では0-2でビハインドの状況から投入されると、左サイドから何度もドリブルで運び出してチャンスを作り出す。

 「2点取られた状況だったので、点を取りに行くしか勝つ方法がない。だからとにかく前に行こう、と。それで攻撃のバリエーションが増えればいいと思っていた」

 相手は優勝候補筆頭という声もあった名門校だが、まさに恐れ知らず。その肝っ玉については3年生のMF原田虹輝も「いや、すごいですよ」と舌を巻く。実際、須藤も対戦しながら青森山田の選手たちの能力の高さに驚愕していたと言う。

 「いや、本当にレベルが高くて、埼玉県内の試合だったら絶対に感じられないものがあった。腕の力とか凄く強くて、(思わぬ場面でボールを)ロストしてしまうこともあった」

 ただ、ここで怯まないのが須藤のストロングポイントである。「自分には仕掛けるしかないと思って、それでも仕掛けていこう」と思えたことがゴールをも生み出す。決勝点は後半19分、須藤が左サイドから仕掛けたプレーで生まれた。「行くしかない」と思ったというが、そこで青森山田のDF相手に行けるスキルとキレ、そしてメンタリティーを発揮できるのは明らかに非凡だった。ドリブルしながらスムーズにボールを離して周りを使えるスキルを持っていることも、逆にドリブルを際立たせている。もちろん、フィニッシュの能力もある。

 試合後には視察に訪れていたJクラブのスカウト2名から「昌平の10番は何者ですか?」と逆取材をそれぞれ受けてしまったのだが、プロの目から観ても「何者だ!?」と思わせるインパクトがあったのは間違いない。その後も桐光学園高との準決勝では2度の雷による中断を挟んだ再開で「須藤、お前は全部仕掛けろ!」との熱い指示を受けて送り出され、1点差に迫る気迫あふれるゴールも突き刺すなど印象的なプレーを披露し続けた。

 大宮アルディージャジュニアユースに所属していた中学時代からU-15日本代表候補にピックアップされるなど将来を期待されてきた選手だが、「どんどん仕掛けられる、自分に合ったサッカーをしているチーム」である昌平高に来て、また一段と凄味を増してきた印象がある。誰もが資質を認める天真爛漫なサッカー小僧には、まだまだ大きな伸びしろが残されている。

 現在、ナイキジャパンフットボールTwitter公式アカウントにて「ファントム」プレーヤーの目撃情報を集めている。「こいつはファントムだ!」と思う近くのプレーヤーがいれば、ぜひ推薦してほしい。ゲキサカでは今後も様々なプレーヤーを紹介し、「ファントムとは何か」に迫っていく。

★ナイキ公式「#ファントムを探せ」の詳細はこちら
http://gonike.me/phantom_vol5

▼VOL.6 シカゴ・レッドスターズFW永里優季 インタビューは近日公開
▼VOL.4 吉田太郎コラム「山梨学院高FW宮崎純真(3年)」
▼VOL.3 鹿島アントラーズFW安部裕葵 インタビュー
▼VOL.2 市立船橋高FW井上怜(3年)インタビュー
▼VOL.1 桐光学園高FW西川潤(2年)インタビュー

TOP