beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

植田が前半で交代のセルクル・ブルージュ、ゲントに3失点大敗で今季初2連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF植田直通は前半のみプレー

[9.2 ベルギー・リーグ第6節 セルクル・ブルージュ0-3ゲント]

 ベルギー・リーグ第6節が2日に行われ、DF植田直通の所属する8位セルクル・ブルージュはホームで6位ゲントと対戦し、0-3で敗れた。今季初黒星を喫した前節アントワープ戦(0-1)から立て直せずに2連敗。植田は2試合連続でスタメン出場し、ハーフタイム中に交代した。

 セルクル・ブルージュは前半23分にDFロイド・パランがPA内でゲントのFWアブバカリ・コイタを倒し、PKを献上。同25分、キッカーのMFビルヘル・ベルストラーテに右足で決められ、先制を許した。

 植田はハーフタイム中にMFイサーク・コネと交代。しかし、セルクル・ブルージュは流れを取り戻せず、後半22分にもPKからベルストラーテに追加点を奪われる。そして後半アディショナルタイム1分にはGKのロングフィードに反応したFWギオルギ・クビリタイアに強引な突破から右足でねじ込まれ、0-3の大敗となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP