beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサDFピケ、神戸FWポドルスキの一発退場について物申す

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナDFピケが神戸FWルーカス・ポドルスキの一発退場に対して意見

 ヴィッセル神戸のオーナーを務める三木谷浩史氏が3日、自身のツイッター(@hmikitani)を更新し、FWルーカス・ポドルスキの一発退場に関してバルセロナのDFジェラール・ピケに意見を求めたことを明かしている。

 ポドルスキは1日に敵地で行われたJ1第25節・札幌戦(1-3)に先発出場したが、前半アディショナルタイム2分に札幌MF深井一希へのタックルで来日初の一発退場。試合後に自身のツイッター(@Podolski10)で「アンラッキーな判定」と言及していた。

 三木谷氏はツイッターでピケとのメッセージのやり取りを紹介。「ゲームを見たが…、ルーカス(・ポドルスキ)へのレッドカードで試合が壊れてしまったね」というピケのコメントに対し、三木谷氏が「このレッドをどう思う?」と質問すると、ピケは「チャンスシーンではなく、最大でもイエローカードかな。怪我をさせる意図はなかったし、ただアフター気味のタックルになっただけだ」と答えたようだ。

 三木谷氏もポドルスキの一発退場には納得がいかなかったようで、ピケとのやり取りをキャプチャした画像とともに「Jリーグは改善が必要…」と英語でコメントしている。



★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP