beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アウェーゴールがなくなる?欧州トップクラブ監督が廃止を求めた理由とは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウェーゴール廃止?

 UEFA(欧州サッカー連盟)の各大会で用いられているアウェーゴールルールの見直しが行われることになるようだ。『BBC』が報じている。

 アウェーゴールとは、ホーム&アウェーでの2試合で用いられるルールで、2戦合計得点数が並んだ場合は、相手本拠地での得点は2倍になるというもの。敵地で得点を奪うことが容易ではないという前提の元にあるルールにより、セカンドレグではあと1点で逆転突破、できなければ敗退というエキサイティングな状況も生まれる。

 しかし、欧州トップクラブの指揮官がUEFAに対して廃止を求めているという。この申し立てに対して、UEFAの競技ディレクターであるジョルジョ・マルケッティ氏は「監督たちは、アウェーでゴールを奪うことは、過去と比較して難しくないと考えているようだ。彼らはルールを見直すべきだと考えており、我々が実行することになる」と話した。

 このミーティングには、ユベントスマッシミリアーノ・アッレグリレアル・マドリーのフレン・ロペテギ、パリSGトーマス・トゥヘルナポリカルロ・アンチェロッティマンチェスター・ユナイテッドジョゼ・モウリーニョアーセナルウナイ・エメリなどが参加している。

 過去、こういった申し立てにより、移籍市場がシーズン開幕前に閉まるという新たな施策が実行に移され、イングランドとイタリアでは今夏から実施されている。幾多の名勝負を生む手助けをしてきたアウェーゴールは過去のものとなってしまうのだろうか。

●ヨーロッパリーグ(EL)18-19特集
●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP