beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

都倉「日常が奇跡」稲本「助け合いながら乗り切りましょう‼️」札幌選手がインスタで無事を報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF稲本潤一ら札幌選手が無事を報告

 FW都倉賢、MF稲本潤一北海道コンサドーレ札幌所属選手たちが7日、インスタグラムで無事を報告した。

 6日未明に北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度7の地震が発生。クラブ公式ツイッター(@consaofficial)は昨日、トップチームの選手およびスタッフ全員の無事を確認したことを報告していた。道内では甚大な被害が広がり、きょう7日に札幌ドームで開催予定だったキリンチャレンジ杯・チリ代表戦も中止となっている。

 都倉は自身のインスタグラム(@tokuraken)を更新し、「災害用ラジオでコンサドーレの選手の無事が、分かりホットしました。私も今までにない揺れを初めて経験し(>_<)隣の住民さんと助け合い情報を、教えあっていました」と無事を報告。「日常が奇跡に満ち溢れている事を改めて実感させられます。戸倉家は停電以外は不自由なく生活させてもらってます」と、メッセージ画像で伝えた。

 MF兵藤慎剛や稲本は防災グッズの画像とともにインスタグラムを更新。兵藤(@hyodo_shingo_no6)は「全員には返信できてませんが兵藤家は全員無事です!今朝に電気も復旧しましたがまだまだたくさんの地域で停電が続いてます。改めて自然災害の怖さを実感してると同時に近所の方や友達との助け合いがとても重要なんだと感じています」と投稿。

 稲本(@junichi_inamoto17)は「ご心配をかけましたが稲本家は全員元気です。今朝うちは停電も解除されました。まだまだ、断水、停電をされてる地域はあると思いますが、助け合いながら乗り切りましょう‼️」と呼びかけている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP