beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-21代表の先輩FW上田のように、鹿島学園エースFW金原「大事な時に獲れる」選手へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島学園高FW金原朝陽(左)は東京五輪代表候補の先輩FW上田綺世(法政大、中央)のように「大事な時に獲れる」選手へ

 第18回アジア競技大会(インドネシア)で3得点を挙げ、U-21日本代表の銀メダルに貢献したFW上田綺世(法政大)が今月10日、母校の鹿島学園高(茨城)を訪問。東京五輪代表候補でもある先輩FWから、鹿島学園の選手たちは大いに刺激を受けていた。

 鹿島学園の現3年生は、上田が高校3年時の1年生。その後輩たちに向けて、上田はアジアでの経験や高校時代に何を考えていたのかを語った。そして、「この中で凄いストライカーを目指している選手とか、エースと言われている選手もいると思う。チームが苦しい時に1点、2点獲ることが大事だし、その1チャンス、一瞬を逃さないようにやって欲しいと思います」とアドバイス。自分と同じポジション、同じように担ってきたエースの立場にいる選手に対しての言葉は、特に力が込もった。

「FWの選手は自分の特長があるならば、その特長を、チームを助ける道具として、誰よりもどのチームのFWよりも伸ばしてチームを助けられるようにやって欲しいし、オレは高校からそうやってきました」。その言葉は後輩エースの新たなエネルギーになっていた。

 今年の鹿島学園のエースは、FW金原朝陽(3年)だ。下級生時からスタメンを張ってきたFWは得点する力も、チャンスメークする力も兼ね備えたレフティー。プレースキッカーも務める現エースは、「(上田)綺世くんは日本代表の試合を見ていても大事な場面で1本のチャンスを決めきっていた。自分はまだ大事な場面で獲れる選手ではない。大事な時に点を決められるような選手になりたい」と意気込んだ。

 2年前、上田が鹿島学園のグラウンドで努力する姿を目の当たりにしてきた。「コーチ陣に聞いても、(上田は)最初はそこまで飛び抜けた選手ではなかったと話していた」。ただし、先輩FWは朝練習から質の高いメニューに取り組むなど努力を惜しまず、また人の話を良く聞き、自分の課題に向き合いながら得点能力を開花。同じように高い意識を持って朝練習、シュート練習に取り組んでいるという金原は、目標とする先輩のようにチームを全国に導くことを誓う。

「自分もできないことはないので、綺世くんみたいに自分も頑張りたいと思います。FWとして茨城県内のナンバー1になることは目標にやっている。チームが苦しい状況の時に自分が点決めて、選手権では優勝して全国大会に導きたいと思っています」。ブレイク中の大学生ストライカーの努力と言葉を知るレフティーエースが、ゴールで鹿島学園を勝たせる。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018

TOP