beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

合流わずか3日でメッシに好かれた選手は…ペップ「メッシが言ったことを覚えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシとMFセルヒオ・ブスケツ

 バルセロナのFWリオネル・メッシをすぐに感動させたのがMFセルヒオ・ブスケツだったと、元監督のジョゼップ・グアルディオラが明かした。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 ブスケツは2007-2008シーズンにバルセロナBでグアルディオラの下でプレーし、2008-09シーズンからはトップチームで指導を受けた。バルサの中心選手として成長を遂げ、7度のリーガ制覇と3度のチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝に貢献している。

 メッシはトレーニング合流後、3日でブスケツを気に入ったと指揮官に伝えたという。ペップは「メッシが私に言ったことを覚えているよ」とスペインのTV番組『Universo Valdano show』に語った。

「ブスケツと2、3日トレーニングをしたあと、メッシは私のところに来て『ブスケツが好きだ』『彼は苦しい場面に顔を出してくれる』と言ったんだ」

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP